×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

抜け毛の原因

抜け毛で悩みたくはありませんよね。では髪の毛はどうして抜けるのでしょう。
抜け毛が起こるのは自然な現象で、新しい毛に常に生え替わるようになっています。重要なのは抜ける毛と生える毛のサイクルが合わないことで、サイクルがズレると薄毛の原因になります。
抜け毛の原因はいくつか考えられています。抜け毛は男性に多いですよね。抜け毛の悩みをかかえている男性はたくさんいます。男性ホルモンが関係しているからです。5αリダクターゼという酵素の働きにより、男性ホルモン「テストステロン」が「デヒドロテストステロン」に変換され、それが毛細胞に作用し、髪の毛の成長を抑えてしまうのです。そして髪の毛が早く抜けてしまうのです。男性ホルモンによって発毛が抑制される体質は、親から子に受け継がれるといわれています。

スポンサードリンク

抜け毛とストレスの関係

抜け毛はストレスのよっても起こります。ストレスを感じると体の筋肉が硬くなります。ストレスによって血管が収縮してしまい、毛細胞に栄養がいかなくなります。いろいろな悩みを抱えると抜け毛の悩みも抱えることになります。
そして、不規則な生活やバランスの悪い食生活をしていると、抜け毛も増えます。髪や体も健康を維持するためにはバランスの良い栄養摂取が必要です。抜け毛には不規則な生活もよくありません。髪の毛は眠っている間に一番成長するので、十分な睡眠を取ることが大事です。そして、髪が十分に成長するよう、正しい食事でたんぱく質、ビタミン、ミネラルを補う必要があります。
その他抜け毛を促進する原因に、タバコやアルコールがあります。タバコはニコチンにより血管を収縮させるので、抜け毛を促進してしまい、アルコール類も肝臓に負担をかけてしまい、髪の毛の栄養補給を邪魔します。
また、抜け毛を抑えるには頭皮を清潔にしなければなりません。パーマやカラーリングは頭皮に負担になることがあります。このように抜け毛は、遺伝はともかくとして、日常にその原因があると考えられます。平常からストレスを減らし抜け毛を防ぎましょう。

抜け毛のメカニズム

抜け毛は深刻な悩みです。抜け毛の悩みはまず、髪のメカニズムを知って解消していきましょう。髪の毛はどうして生えるのでしょう。髪の毛は頭皮の毛包一つ一つから出ています。頭皮の中にある毛の根元を「毛根」といいます。新しい髪の毛を作るための栄養分は、毛細血管に乗って髪の「毛乳頭」という部分に送られます。そして毛乳頭に届けられた栄養分を使って新しい髪の毛が作られます。
髪の毛にも寿命があり、成長期・退行期・休止期・成長期の順で生え変わります。これを「毛周期」といいます。長くて6年ほど、短くて3年程度で髪の成長期は終わり、ゆっくりと退行期に入ります。退行期は2〜3週間で、退行期が終わると休止期です。休止期の髪は、新しい髪に押し出されるような形で自然に抜けていきます。休止期は、新しい髪を作っている時期なのです。休止期には新しい髪が作られ、古い髪が押し出されます。ですから古い髪が抜けること自体は当たり前です。けれど、抜け毛の量があまりにも多すぎる場合はサイクルに狂いが出ている可能性がありますので、毛細血管の流れをよくし、抜け毛対策を立てましょう。

Copyright © 2007 抜け毛